アンパンマン♡大人になっても響くメッセージ

こんばんは! 生田りなです。

今日は、
永遠のヒーロー?!
アンパンマンについて書きたいと思います。

アンパンマンマーチの凄さに今さら気づいた

思い起こすは16年前(笑)

私は短大で幼児教育を専攻していたので
弾き語りの授業やテストがあったんです。

弾き語りのテストでは
教科書の中から好きな曲が選べたので
“アンパンマンマーチ”を選曲したんです(*´ω`*)

そこでね、、、
気が付いてしまった。

いや、むしろ
なぜ今まで気が付かなかった。。

「歌詞ヤバイ」

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれ
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!

当時、私は
役者になりたいと思いながらも
行動に移せていなかったんです。

だからね、この歌詞が
メチャクチャ響いた。。。

そして、その3年後
私は役者になるために
動き出します。

農作業をしながら
演劇の勉強をするっていう
生活をしていたのですが

偶然にも
私が毎日かよっていた
農家さんから
徒歩5分に
まさかの建物が(笑)

富良野にある アンパンマンショップ

本当に自分が
やりたい事に挑戦できていたから

同じ歌詞を前にしていても

心境が全然ちがって

自分の心の声を無視していた
学生時代から

こどもの頃からの夢を
叶えるために
今ココにいる

人生に
向き合えている自分がいたから
少し
感慨深いものが ありました。

なぜアンパンマンは心に響くのだろうか?

今、ビジネスをしていて
ライティングの目線で見てみると

アンパンマンのストーリーといったら
こうじゃないですか!

日常の楽しい生活
  ⇓
敵が現れる(バイキンマン)
  ⇓
アンパンチによって
平和が戻ってくる

きれいな型どおりの
展開(笑)

これって
人の心が動きやすいんですよ!!!

心が動いたら
人って
ついつい見てしまう。

子ども向きに作っているから
話もシンプル

しかも

・困っていたら自分の顔を食べさせてあげる

・愛と勇気だけが友達さ

物語としたら
とても美しいですよね♡

多くの人から
愛されるのも分かる気がします。

やなせたかし さんについて

アンパンマンマーチを考えていたら

色々と背景を知りたくなるんです。。。

作者の『やなせたかし』さん

やなせ さんは戦争を経験されているんですね。

そして弟さんを戦争で亡くされているそう。。。

正義のための闘いなんて
どこにもないのだ
正義は ある日 突然反転する
反転しない正義は
献身と愛だ
目の前で餓死しそうな人がいるとすれば
その人に 一片のパンをあたえること

やなせたかし『アンパンマンの遺言』より

弟さんの方が
器量も能力も格段に優れていたそうで
でも
特攻隊に志願し
戦死したそうです。
なぜ、自分は生き残ったのか。
何のために生きるのか。
残された重い問だった。。。

こういった思いの中で
アンパンマンが生まれ

現在に引き継がれている。。。

調べていると
意外にも最初は
大人向けの物語だったそうで

まったく売れなかったそう。

それを
子供向けの絵本にしたら
大ヒット!!!

本当に子どもの感性は
凄いです。。。。

でも、そういった背景を知ると
アンパンマンという存在が
“愛”だけではなく
“寂しさ”も抱えている気がする。。。
と感じてしまうのは
私だけでしょうか?

おそらく
アンパンマンを楽しく見ている人たちは
ここまでの背景を知らないんじゃないかな。

詳しい内容はコチラの記事で☆

アンパンマンにパワーをもらって

 

アンパンマンマーチの歌詞の
素晴らしさを伝えたくて
書き始めたハズだったのですが

アンパンマンの背景を調べていたら

ちょっと
何とも言えない複雑な気持ちになってしまいました。

やなせ さんが亡くなってる今
もっと
この歌を大切にしていこうと思います。

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのは いやだ!

なんと
時間が有限だということも
しっかり歌詞に・・・

時は はやく すぎる
光る 星は 消える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

ここまで書いてあると
やなせ さんに
ありがとう としか言えないです(*´ω`*)。

 

この歌の背景を
知ってしまったからには
ちゃんと
自分事と捉えていこうと思います。

私は もっと もっと勉強して
脳に投資もして
自分の人生を
胸はって生きてく人を
増やしたい。

これからも
伝えていきたい。

そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です